健康食品でアルツハイマーを予防|医療ドットコム

老人

病気による脳萎縮

笑顔の婦人

アルツハイマー病の病状が進行してゆくと、次第に周囲から嫌われるような行動を取ったり、意図していないのに迷惑をかける行動を取ったりしてしまう事があります。こうした場合にも対処できる工夫をする事で、生活の質を改善する事ができるため患者さんのサポートのためには有効的です。

More Detail

脳の働きを良くする成分

タオルを持つ男性

アルツハイマーを予防するためには脳に良い成分を摂取して、脳の働きを高める事が重要です。脳に良い成分としてはビタミンCやDHAがあり、サプリメントや健康食品を利用する事で、気軽に摂取する事ができるためオススメです。

More Detail

カフェインは脳に良い

薬

カフェイン摂取で予防

アルツハイマーを予防させるのにカフェインが効果があるという情報があります。なぜカフェインが効果があるのか、それはアルツハイマーの原因となるアミロイドベータという脳のたんぱく質を抑える働きを行なうからなのです。そのカフェインの働きを脳を研究するグループが発見し発表されたもので、マウスの実験で立証されたそうです。なので普段からカフェインが含まれるものを摂取することで、アルツハイマーを予防させる効果を引き出すことができるようになります。カフェインが含まれるものといえばコーヒーや紅茶のほか緑茶やウーロン茶にも含まれていたりしまして、そのような飲み物を普段から摂取するだけで効果を出すことができるということになります。

これからの研究に期待

しかしカフェインは取りすぎると目覚めの効果もあるため、体に良くない影響も出てきます。そのため摂取するのであれば1日に1杯から3杯程度が適量といわれています。アルツハイマーは、アミロイドベータが異常に蓄積することで脳の神経細胞が死滅することから発症するようになる病気です。そのアミロイドベータを抑制させる働きのあるカフェインは、これからも研究が進められさらに脳に良い効果を引き出すことができる働きを発見する可能性もあります。記憶力向上効果も認められ、コーヒーや紅茶、緑茶などの香りからも脳をリラックスさせる効果もあるため、脳の負担を軽減させるには良い飲み物となります。適量を厳守しながら毎日摂取することで、脳の働きを活性化させてくれるようになるのです。

認知症の症状

メンズ

アルツハイマー型認知症を患う事で、最初に気づきやすいのが、物忘れによる日常生活でのさまざまな不具合を生じる場合です。小さな変化も見逃さない大切さも大事です。介護する側の接し方ひとつでも、その症状に著しい変化をもたらすことがあるので、健康食品を摂取させたり、薬の飲み忘れがないようにしたりしましょう。

More Detail